松田鉄工株式会社


豊富な経験と鍛え上げられた技術力を誇る「鉄」のプロ集団

同じ現場で経験を積んで、鉄のプロ「鉄人」を目指しませんか!

佐々木 裕

自分が任されている分野のスペシャリストを目指したい。
そう思えるほど日々充実しています。

私は高校卒業後19歳で松田鉄工に入社しました。高校の授業で溶接の練習をしていたので、鉄工所に入ってもその技術が活かせると思ったのが志望動機でした。入社当初は、先輩に指導を受けながらアーク溶接の練習からスタート。アーク溶接の技術が身につき資格を取得してからは胴縁加工や梁加工などより幅広い仕事ができるようになりました。
私は、もともと機械を操作する仕事を望んでいたので、数年経ってから機械担当に就かせてもらいました。現在は主にDB、DNFという機械を操作してH鋼に孔を開け、切断する行程を担当させてもらっています。DB、DNFという機械はコンピュータで切断寸法や孔の個数や位置を入力し、USBに転送して機械に差し込むと切断、孔開けができる大型機械なのですが、自分が責任を持って図面通りに入力して正確に部材を仕上げることにやりがいを感じています。今後の目標はこの機械を使いこなし、ミスなく正確に仕上げるスペシャリストになれるようにとことん技術を磨きたいと思っています。
職場では、何か分からないことがあると先輩方が丁寧に教えてくれるなど、皆さん明るく、とても仲の良い関係が築けていて居心地の良い雰囲気です。私も先輩達をお手本に、これから入社してくる後輩達に分かり易くアドバイスができるように頑張りたいと思っています。
取得資格/アーク溶接特別教育修了証・ガス溶接技能講習修了証・溶接適格性証明書(SA-2F・A-2F)・玉掛技能講習修了証・自由研削砥石の取り替え試運転特別教育修了証・クレーンの運転の業務に係る特別教育・小型車両系建設機械(整地等機体重量3t未満)特別教育

田中 翔

技術磨きには現場一番!
コツコツと努力を積み重ねれば
結果は必ずついてくる。

私は旭川工業高校(電子機械科)を卒業してすぐ松田鉄工に就職をしました。入社当初は軽量加工(C型鋼)の部署で朝から晩までひたすらアーク溶接の練習をしていました。溶接はアーク溶接が基本でそれができなければいつまでも加工をさせてもらえなので、ただ黙々と端材をスクラップから拾ってきてはビードを引く、その繰り返しでした。高校の授業でも習ってはいましたが、結局教科書に沿った理想論でしかなく、いざやってみると思い通りにはできませんでした。逆にそれが練習漬けになっても飽きることなく、むしろ楽しみながら挑戦していました。
その努力のおかげで入社2年目の春、溶接の資格を取ることができました。
そのまま4〜5年は軽量加工の作業をしていましたが、徐々に梁や柱の加工もけがき作業を中心にやらせてもらえるようになりました。また、施工現場にも行くようになってからは、H鋼とコラム材をクロスやT字に組み合わせ、柱と梁をつなぐ要の部分となる重要なコア組を任されるようになりました。
振り返ると今ある技術は現場経験と努力の積み重ねによるもの。それ以外に磨くすべは無いと実感しています。
職場の雰囲気も良く、みんなが向上心にあふれ、切磋琢磨しあっている松田鉄工は、職人にとってこれ以上ない環境だと思っています。
取得資格/アーク溶接特別教育修了証・ガス溶接技能講習修了証・溶接適格性証明書(SA-2H・SA-3F・A-2H・A-2V)・玉掛技能講習修了証・職長安全衛生責任者教育修了証・粉じん作業特別教育修了証・自由研削砥石の取り替え試運転特別教育修了証・クレーンの運転の業務に係る特別教育・高所作業車技能講習修了証・小型車両系建設機械(整地等機体重量3t未満)特別教育

梅原 瑞月

失敗を恐れずに
学び努力しながら前に進むことが
大切だと思います。

私が松田鉄工に入社したきっかけは、同じ高校の卒業生が職業説明会に来て、会社のことや仕事のことを詳しく話してくれ、興味や親近感が湧き入社を決めました。
職場には若い人も多く雰囲気も良かったのですが、私は内気な性格で話をするのが苦手で、何より普通科卒だったので知識も乏しく技術もないのでとても不安でした。
ですが、入社して間もなく先輩に指導を受けながらアーク溶接の練習をし、1週間後に初めてC型鋼の溶接をさせてもらいました。しかしその後、自分の未熟さから毎日繰り返す仕事への不満やプライベートの両立が上手くできずに紆余曲折しましたが、入社して4年が経ち、今では半永久的に残る製品づくりや自分が手掛けた作業が綺麗に仕上がった時の喜びなどに仕事に対するやりがいを見つけ、毎年ひとつずつ資格取得を目標に挑戦しています。
職場では、最初怒られることが怖くて何も聞けずにいたのですが、逆に聞かずに仕事をする方が余計に怒られてしまうことに気付かされ、弱い自分の考え方をあらためてからは優しく接してくれる先輩や面白い先輩とたくさん会話をする機会が増え、素の自分が出せるようにもなりました。
現在は、柱と梁をつなぐ重要なコア組の加工を先輩と二人で協力しあって製作しています。シビアで大変な仕事ですが、その分やりがいを感じています。
今後は色々な仕事をオールマイティにこなせるようになることを目標に日々学び努力しながら頑張りたいです。

取得資格/アーク溶接特別教育修了証・ガス溶接技能講習修了証・溶接適格性証明書(SA-2H・SA-2V・A-2H)・玉掛技能講習修了証・自由研削砥石の取り替え試運転特別教育修了証・クレーンの運転の業務に係る特別教育・小型車両系建設機械(整地等機体重量3t未満)特別教育

藤井 裕也

自分の努力が正当に評価されることにやりがいを感じ
もっと技術を磨きたいという向上心も自然に湧いてきます。

私は23歳の時に知人の紹介で松田鉄工に転職しました。全く畑違いの職種で経験もない私を快く受入れてくれたことに今でも感謝しています。
入社当初は、主に軽量加工の分野で溶接、仮付け、ケガキの順で先輩に指導を受けながら仕事を教わりました。2年目には、溝形鋼やC 形鋼などに穴加工と切断加工の両方を自動で行うことができるビームワーカーという機械の操作手順や仕事の流れを先輩から学びながら梁の溶接作業を行っていました。溶接作業が楽しく思い始めた頃に軽量・ビームワーカー担当に指名されました。松田鉄工は、一生懸命に技術を磨き、努力した分だけ評価してもらえるので仕事に対してとてもやりがいを感じます。職場の雰囲気も良く、互いに影響し合いながら技術を高め合える環境だと思っています。
入社7年目に主任として抜擢され、自分の担当する仕事に責任感を持ちながら作業しています。プライベートでも同じ頃にマイホームも建て、公私ともに充実した生活を過ごしています。
これからも自分の技術を磨いて、これから入社してくる後輩へと受け継いでいけるように頑張りたいです。
取得資格/アーク溶接特別教育修了証・ガス溶接技能講習修了証・溶接適格性証明書(SA-2H・A-2H・A-2V)・玉掛技能講習修了証・自由研削砥石の取り替え試運転特別教育修了証・クレーンの運転の業務に係る特別教育・フォークリフト労働安全衛生法による技能講習修了証・建築鉄骨外観検査技術者資格証明書

仁村 圭吾

溶接ロボットを扱う研修や溶接技術競技会への参加など
自分にとって技術向上のきっかけを与えてくれた会社に感謝しています。

私は平成18年に松田鉄工に入社しました。入社1年目は仮組や溶接の基本を学び、2年目にはサイコロ溶接ロボットの操作と仕事の流れを教えてもらいました。技術資格も平成19年に半自動とアーク溶接の基本級を取得し、それ以降は1年に2種類くらいのペースで様々な資格取得に挑戦しています。平成21年頃、コベルコの大組溶接ロボットが工場に導入されることになり、操作方法を学ぶため神奈川県にあるコベルコの藤沢工場へ研修に行ったことが想い出に残っています。
平成25年には、今まで稼働していた溶接ロボットの故障を機に入れ替わったコベルコの省スペースサイコロ溶接ロボットを担当することになりました。溶接ロボットを担当することで他社の溶接ロボット担当者とも情報交換ができるので仕事に対するやりがいを感じています。
また私たちの業界には、各社の溶接技術者が技を競い合う「溶接技術競技会」という大会があり、私も過去旭川地区大会で1位をとったことがあります。そのお陰で目標を持ってやりがいを感じながら、もっと技術を磨きたいと思っています。
多忙の時は残業で帰りが遅くなったり休日出勤があったりしますが、自分の努力や頑張った分は正当に評価してもらえるので松田鉄工での仕事は日々とても充実しています。
取得資格/アーク溶接特別教育修了証・ガス溶接技能講習修了証・溶接適格性証明書(SA-2V・SA-2O・SA-3H・SA-3V・SA-3O・A-2H・A-2V・A-2O)・AW検定工場溶接・鉄骨の組立て等作業主任者技能講習修了証・玉掛技能講習修了証・自由研削砥石の取り替え試運転特別教育修了証・クレーンの運転の業務に係る特別教育・フォークリフト労働安全衛生法による技能講習修了証・小型車両系建設機械(整地等機体重量3t未満)特別教育・建築鉄骨外観検査技術者資格証明書

島 和也

自分が任されている分野のスペシャリストを目指したい。
そう思えるほど日々充実しています。

私は平成18年に入社しました。1年かけて半自動とアーク溶接の基本級を取得しましたが、他の業種への興味が湧き、会社を退職しました。しかし、一度覚えた溶接のおもしろさが忘れられず、平成21年にまた松田鉄工で働かせてもらっています。とにかく職場の雰囲気が良く、共に作業をする皆さんはいい人ばかりで出戻りの私でも快く受入れてくれ、とても感謝しています。
現在は、梁のケガキをしたり、作業をするための資料をパソコンで作成したり、仮組や溶接作業を皆で協力しながらやっています。様々な作業にかかわり、仕上がった製品を工場から送り出し、それが実際に使われていると思うと益々やりがいを感じたり充実感が湧いてきて、頑張ってよかったなと実感しています。なにより自分が努力したことを会社がしっかりと評価してくれるのが一番嬉しく思います。
これからも会社の仲間達と協力し合いながら楽しく仕事をしたいと思っています。
取得資格/アーク溶接特別教育修了証・ガス溶接技能講習修了証・溶接適格性証明書(SA-2H・SA-3H・A-2H)・鉄骨の組立て等作業主任者技能講習修了証・玉掛技能講習修了証・自由研削砥石の取り替え試運転特別教育修了証・クレーンの運転の業務に係る特別教育・フォークリフト労働安全衛生法による技能講習修了証・高所作業車技能講習修了証・小型車両系建設機械(整地等機体重量3t未満)特別教育・建築鉄骨外観検査技術者資格証明書

松田鉄工の一日

1日のタイムスケジュール
工場長からのメッセージ

工場長

工場長

工場長 長井 隆之

作業員一人ひとりが向上心を持ち
技術向上を目指す環境こそ
「鉄人集団」松田鉄工の強みです。
私は、設計業務と兼務しながら工場長として生産ラインのコントロールを担当しています。
工場全体を見ていて思うことは、松田鉄工は何と言ってもチームワークが良いことだと思っています。
午前と午後の休憩時間では、仕事以外の話題で笑いあったり、もちろん後輩が先輩に技術的な面で相談していたりと、とにかく日常的にコミュニケーションがとれていることがチームワークの良さにつながっていると思います。また、作業を進めていく上でも仲間との連携は欠かせません。
工場内では何トンもの鉄骨を扱うため常に声掛けをしたり、確認し合ったり、安全に配慮しながら作業効率や生産性、品質向上に向けて取り組んでいます。
松田鉄工の強みは「人の力」、鉄を知り尽くした「鉄人たちの力」だと思っています。技術もノウハウも向上心を持ちながら現場で磨き合い、共に切磋琢磨できる環境があるからこそ「人の力」が育つものだと思っています。

社長からのメッセージ
松田鉄工株式会社 代表取締役社長 松田 誠一
松田鉄工株式会社
代表取締役社長 松田 誠一
技術・知識は現場で磨く!
鉄を知り尽くした「鉄人」たちが
次代の技術者を徹底指導します。
この度は、松田鉄工株式会社の採用サイトにご来訪いただき、誠にありがとうございます。
当社は昭和39年に創立して以来、お客様のご要望に誠心誠意お応えしながら様々な経験を積み重ね、鉄骨加工技術を磨き抜き、平成24年に(社)全国鐵構工業協会のMグレードを取得し認定企業として現在に至っております。
当社では、様々な工場・倉庫等のプラント鉄骨をはじめ、商業施設やマンション、店舗・住宅等の建築鉄骨に係る設計・製作、現地組み立て業務等幅広く対応しております。
設計に合わせて稼働する各種大型加工機器や最新の溶接ロボットを完備した工場では、経験豊富な技術者がそれぞれの役割を担いながら品質の高い製品をご提供できるように生産体制を整えております。
現代の鉄工事業では品質向上・生産性向上・対応スピードを目的に専用機器やロボットなど設備導入は欠かせませんが、それらを有効に活用できるのはいつの時代も「技術者の資質」。当社工場では、鉄を知り尽くした経験豊富な鉄人達がスキルアップを目指す技術者のために現場で加工技術の徹底指導と各種資格取得のサポートを行い、次代を担う新たな人材の育成にも取り組んでおります。
当社には未経験で入社し、先輩に教わりながら技術を磨き、資格取得に挑戦する社員も数多くいます。新入社員の仕事に対するやる気と情熱を社員が一丸となって育み、支えていくチームワークこそが松田鉄工の魅力だと思っています。
ぜひ皆さんも鉄人達と共に切磋琢磨しながら自らの可能性に挑戦しスキルアップを目指しませんか!

社内コミュニケーション
何トンもの鉄骨を扱う作業では、鉄人個人のスキルはもちろん
松田鉄工の鉄人全員のチームワークこそが重要です。
だからこそ日頃からコミュニケーションは欠かせません。
当社ではお昼休み以外、午前と午後にそれぞれ1回ずつ、全員が作業の手を止めて休憩する時間を設けています。休憩時間になるとお決まりの場所に皆が集まり、和やかに楽しい話をしながらコミュニケーションをとっています。


会社概要
■会社名/
松田鉄工株式会社
■所在地/
〒071-1247北海道上川郡鷹栖町7線10号
TEL.0166-87-3868・FAX.0166-87-3828
■設立年月/
創業:昭和39年5月
有限:昭和44年8月
現組織:平成5年6月
■資本金/
10,000,000円
■会社役員/
代表取締役社長 松田 誠一
専務取締役   松田 征裕
常務取締役   松田 基樹
■従業員数/
33名
■取引銀行/
旭川信用金庫北星支店
北海道銀行大町支店
北洋銀行旭川中央支店
■営業内容/
鋼構造物工事・一般鉄骨工事
〈建設業許可〉
北海道 道知事許可(般-28)上第2827号
〈鋼構造製作認定〉
(社)全国鐵構工業連合会 Rグレード・Mグレード(平成4~24年)
(社)全国鐵構工業協会 Mグレード(平成24年)
認定番号 17M0002
※建築基準法第68条の26の規定に基づく構造方法等の大臣認定
■年間加工能力/
6,000t
事業・設備環境
経験豊富な技術者が品質の高い製品を作り出すMグレードの生産体制。
最新の溶接ロボットをはじめ各種加工機器を導入し
品質向上と作業効率を高めています。
当社では、生産グレードに見合った様々な工場・倉庫等のプラント鉄骨をはじめ、商業施設やマンション、店舗・住宅等の建築鉄骨に係る設計・製作、現地組み立て業務をお請けしています。また、建築金物や土木金物等の資材製造も幅広く対応しております。
生産工場では、設計に合わせて稼働する大型加工機器をはじめ、最新の溶接ロボットも完備し、お客様からの依頼に素早く対応するために生産ラインを効率よく配置し、経験豊富な松田鉄工鉄人達ががそれぞれの役割を担いながら品質の高い製品を提供できるように体制を整えています。

鉄を知り尽くした鉄加工のプロ
「鉄人」の確かな技術力とノウハウこそが松田鉄工の財産。
大型加工機器や溶接ロボット導入による品質向上・生産性向上は現代の事業活動においては欠かせません。一方で様々な加工機器やロボットを有効に活用できるのは「技術者の資質」という見方もあります。
当社では、加工機器やロボットを効率よく稼働させつつ、数多くの経験を重ねながら技術を磨き上げてきた熟練の技術者が生産工場の要となっています。また、当社ではスキルアップを目指す技術者のために各種資格取得のサポートを行いながら人材の育成にも取り組んでおります。

〈募集要項〉
鉄骨加工技術者(正社員)
募集職種 鉄骨加工技術者
仕事内容 マンション・ビル・店舗等鋼構造物の鉄骨加工と製作。専用機械を使った切断および溶接作業。
応募資格 18才以上、普通自動車免許、経験不問
募集人数 若干名
給与 160,000円〜220,000円(規定に準じて決定、経験者優遇)
待遇 各種保険完備、交通費規定支給、作業服貸与、自動車通勤可
勤務時間 8:00〜17:00(昼休憩60分、午前と午後に1回15分休憩あり)
休日 日曜日、祝日、月1回土曜日
勤務地 上川郡鷹栖町7線10号 鷹栖工業団地/松田鉄工株式会社(本社工場)
応募方法 当サイトのエントリーページからの応募、事前電話連絡
提出書類 写真付履歴書
選考方法 面談および書類選考